【ジャカルタブログ:ジャカルタの人の味覚】日本人とジャカルタの人の味覚の違いは?

日本人とジャカルタの人の味覚は確実に違います

 

ジャカルタに来て皆一様に思うことは、こちらの人の味覚と日本人の味覚の違いです。特に、顕著なのは「しょっぱさ」に対する耐性の違いではないでしょうか?(同時に日本人にとっては、「辛さ」への耐性も同様に全く違う)。また、同時に長く住んでいると辛さに対する耐性が出来てくるようです。

レストラン選びに役立つ指標は、お客さんとして外国人が多いかどうか

ジャカルタの人にとっても、味が濃い・薄い(辛い・辛くない)というのは、やはりレストラン選びの指標となるようです。日本から来るお客さんなどをインドネシア料理に連れていくときには、どのようなお店に連れていくかは迷うところ、本場のインドネシア料理を楽しんでほしいけれども、そうなると正直、あまり美味しく食事を楽しんでもらえなくなってしまいます。そういう時に役立つ指標は、お店に外国人が多いかどうかでしょう。やはり外国人がお客さんとして多い場所には、外国人の口にあった味付けに寄って行くようです(つまり、あまり辛い・濃い味付けにしないレストランとなっていく)。

日本人にもこうした味覚の偏りが実はあった

こちらに来て日本食の味付けについて、現地の人に言われることは、「しょっぱい」「塩っぽい」というコメントです。こちらの食文化にも、魚を塩漬けにして長期保存できるようにしたIkan Asinという魚の塩漬け・干物がありますが、あまり一般的ではないようでうす。確かに、味噌汁にしても、お握りにしても、多くの日本食の料理には塩、あるいは醤油が使われており、自分の味覚がいかに日本人化しているかが良く分かります。しかも、この塩っぽさは、あまり健康的ではないイメージがあるようで、こちらの人にはあまり受け入れられない味付けなのかもしれません。でも、日本人にとっては、これが故郷の味なのですよね。

東南アジアを俯瞰してみるには、これ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする