【ジャカルタブログ:JMS】元々Montessori Schoolとして設立・日本人もいます

JMSは、1995年にMontessori Schoolとして設立

 

JMSは元々1995年に特徴ある教育で有名なMontessori Schoolとして設立されました。しかし、その後、2007年にオーナーが変わり、JIMS(Jakarta International Multicultural School)となりました。ここも比較的、日本人が多く住む南ジャカルタのPondok Indahのエリアに近いことから、日本人の生徒が通っているようです。Early Years、Primary, Secondary (grade 12)がある学校です。やはり、インドネシア人を主体としたインターナショナルスクールですが、他のインドネシア人主体のインターナショナルスクールと同様に、外国人をなるべく受け入れようとする姿勢があり、バスのサービスがあるので通学の点でも心配がありません。学費がクリアーできれば、良い候補になるのかもしれません。

カリキュラムは、IBPYP*2とCambridge Assessment*3とIBDP*4を採用

 

ここはPrimaryをIBPYP、その後、SecondaryのYear11までを、Cambridge Assessment、そして、Secondary Year 12-13をIBDPのカリキュラムを採用しています。Cambridge AssessmentやIBDPは、どれも、PrimaryやSecondaryやJunior College(もしくは、High School)の最終グレードでcheckpointテストを受け、その点数によって成績がつくというものです。

授業料は高め

やはり、比較的授業料は高めです。JISやBJSほどではありませんが、やはり高額の授業料となります。ここが進学への一番大きなネックでしょう。



(参考)

英語力必要度:B(A/B/Cの3段階)

教育資金:B(A/B/Cの3段階)

*1 JMS

https://www.jms.sch.id/

*2 IBPYP – Primary Years Programme

https://www.ibo.org/programmes/primary-years-programme/

*3 Cambridge Assessment

https://www.cambridgeinternational.org/

*4 Diploma Programme – International Baccalaureate

https://www.ibo.org/programmes/diploma-programme/

インドネシア料理の代表格

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする