【ジャカルタブログ:学校と先生の質】インターナショナルの先生について知っておきたい事

いわゆる先生のあたりはずれの問題について

最後に、色々と学校を紹介してきましたが、ここは日本と違いインドネシアということを頭の片隅に置いておきましょう(つまり、突き詰めると、それほどシステムなどがしっかりしていない)。また、学校全体の質の問題もありますが、先生の質(当たりはずれ)もその学校に対する印象を大きく変えてしまう要因です。インドネシアでは外国人の労働者(日本人を含め)に対する締め付けは年々強くなり、インターナショナルスクールで働く外国人先生の就労条件なども厳しくなっていると聞きます。また、外国で働きたいと考える先生にあまり高い教育の質を求めるのは、そもそもないものねだりなのかもしれません。子供が2つの言語(あるいはそれ以上)の環境で学ぶということは、子供に柔軟性があり学習能力が高いとは言っても、大きな壁を乗り越える必要があります。多言語の環境で学ぶのは、学校だけでなく、家族で一緒に乗り越える意志が必要になるでしょう。



英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

海外生活の必需品の変圧器

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする