【ジャカルタブログ:新しいカップ麺食べました】カップヌードル和風チキン味

カップヌードル和風チキン味を発見しました

インドネシアはインスタント麺大国です。世界インスタント麺協会*1の資料によるとインドネシアのインスタント麺消費量は、年間125億食!人口が約2億6000万人なので、年間一人あたり50食近く食べていることになります。ちなみに、日本の同じ2018年のデータは、約58億食、一人あたりは、年間45食程度とそれほど変わりません。スーパーや道路脇のお店を覗くと間違いなくインスタント麺が売られて、もしくは、調理されて提供されています。10年ほど前までは、それほど、カップ麺は無かったのですが、最近はカップ麺もスーパーマーケットや小さな小売り店の棚に多く見かけるようになりました。もちろん、日本食スーパーにも並んでいますが、日清食品のカップヌードルがインドネシアでも販売されています(PT. NISSIN FOODS INDONESIA*2)。今までは、カップヌードルは、シーフード、オックステールスープ、カレー、トムヤンクン味があったのですが、ここに来て新たな味を発見しました。カップヌードルの売りは、蓋を剥がして、お湯を入れるだけという点です。他のインドネシアのカップ麺は、中に、スープ、調味料の袋が入っており、これらの封をきって、カップに入れお湯を入れる形です。その点を、1 langkahというキャッチフレーズでアピールしています。

和風チキン味とは?

食べてみると確かにチキンの味はします。所謂、インドネシアで言うところのAYAM味です。Soto Ayamと何が違うのか?良く味わってみると、あ~なるほど、これは、クリーミーさが和風っぽいところなのか?!と理解しました。チキンの味にほのかなクリーミーさが加わり、マイルドな味になっています。インドネシアのチキンスープはもっと香辛料が聞いて、はっきりした味わいだけど、これは、マイルドさがあって、和風と呼んでいるのかもしれないです。敢えていうと、カップヌードルのシーフードヌードルのチキン版と言えるのかもしれません。でも、この味は、あんまり、インドネシア人にはあまり、受けない気がします。

*1 世界インスタント麺協会

https://instantnoodles.org/

*2 PT. NISSIN FOODS INDONESIA

http://nissinfoods.co.id/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする