【ジャカルタブログ:ジャカルタでヤマザキのあんぱん食べました】My Rotiヤマザキのあんぱんがジャカルタで食べることができます

My Rotiヤマザキのあんぱんがジャカルタで食べることができます

インドネシアの主食は、お米です。次の主食と言えるのは、そう麺でしょう。そして、その主食の立場に殴りこみをかけているのが、パンです。それを牽引しているのはIndofoodと敷島s製パンと双日の合弁会社のPT Nippon Indosari Corpindo(ROTI)*1です。Sari Rotiのブランドでミニマートやスーパーでそのパンを見ることが出来ます。インドネシア証券取引所に上場している会社で、証券コードがROTI(インドネシア語で「パン」という意味)ということからもインドネシアにおけるパン製造販売のフロントランナーとしての立場を固めています(以前若干紹介したことがあります)。そこに目をつけて進出したのが日本の山崎製パンです。インドネシアに子会社のPT Yamazaki Indonesia*2を設立し、工場を建てて、絶賛売り出し中なのですが、そこが日本人の味である。あんぱんの販売を始めました。

早速インドネシア製のMy Rotiのあんぱんを食べてみました

インドネシアで食べるあんぱんの味は、どういったものか。見た目は、ちゃんとパンの表面にゴマがついており、日本で食べるあんぱんそのものです(名前は、Roti Ogura(Kacang Merah:小豆))になっています)。成分表示を見るとしっかりと、「Red Bean Paste」と記載されており、確かにあんぱんの様です。もちろんハラルマークもついています。食べてみると、確かにあんぱんの味でした。ただ、若干餡が日本の物に比べて少ない気がしましたが、売っている値段を考えると仕方がないのかもしれません。日本の懐かしい味を楽しみたい方は、是非ミニマートでMy Rotiのあんぱんを探してみてください。

ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します

*1 PT Nippon Indosari Corpindo

https://www.sariroti.com

*2 PT Yamazaki Indonesia

https://www.yzki.co.id

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする