【ジャカルタブログ:ジャカルタ映画館体験】Cinema21 (XXI)に行ってみました

早速、洋画を早く見るためにジャカルタの映画館に行ってきました。

 

以前紹介したようにジャカルタには多くの映画館がショッピングセンターに入っており、日本と違い多くのハリウッド映画がタイムラグ無しで見ることが出来ます。ハリウッド映画でも、世界同時公開を謳うような大型作品は日本でもほぼ米国と同時に見られますが、そうでないものは、なぜか日本では半年遅れになったりします。そういうストレスとはジャカルタは無縁で映画を見ることが出来ます。今回は早速Cinema21*1に行って(2019年5月末)にいきました。今回見たのは洋画で、「Godzilla」は、世界同時公開であったため、ジャカルタでも日本でも同じ時期に見られますが、「John Wick 3」は、米国とインドネシアでは5月公開なものの、日本では何故か10月とのこと。インドネシアも字幕などあるのに、なぜなのでしょうね。

お菓子やジュース売場も日本と同じようにあります。

日本でも、シネマコンプレックスではお菓子やホットドッグ、ポップコーン、ジュースが販売されているように、インドネシアの映画館にも同じように売店があります。皆、ポップコーンを買ったり、ジュースを買ったりします。

とにかく映画が安い

今回は、平日に行ったのですが、Godzilla」、「John Wick 3」ともに55,000Rpと日本では考えられない値段です。もちろんインドネシア語の字幕となるのですが、英語が理解できる人には最高の環境です。

Premiumシアターは別受付

通常の映画館は上記の値段なのですが、比較的高級な部類のショッピングモールに行くとPremierと呼ばれる映画館が併設されていることがあります。その場合には、100,000Rpほどでリクライニングが可能な座席に毛布付き、ゆったりとした贅沢な時間を映画館で過ごすことができるという経験が出来ます。しかも、今回行った映画館はチケット売り場も別でした。残念ながら、見たい映画が全てPremiumシアターではやっていないことがあるので、映画の選択肢は限られるのが残念です。

*1 Cinema21

https://www.21cineplex.com/












シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする