【ジャカルタブログ:ジャカルタでの株式口座の作り方】ジャカルタで株式口座を作ってみた

ジャカルタで株式取引口座作ってみました

さて、ジャカルタに家族で住んでいる方は、日本の非居住者となってしまうため、日本で持っていたネット証券などの口座(証券総合口座)は非居住者扱いとなり代理人を選定して株式や投資信託の預かりはしてもらえますが、取引はできなくなってしまいます。自分はそういった手続きが面倒なのと、殆ど資産が無かったので現金化して、口座を全て閉じてきました。今となってはそうしなければよかったと反省しているのですが、でも、そのおかげで、こちらのネット証券を作る経験ができました。

インドネシアの株式市場

インドネシアにも株式市場はあります。2019年7月2日時点での東京証券取引所への上場企業数は、3674社*1です。また、インドネシア証券取引所は、652社*2と意外にも、多くの会社が上場しています。日本と比べると少ないですが、それでもしっかりと情報開示されており(その正確性については保証できないのですが)、日本で言えば日本経済新聞のような存在のBisnis Indonesia*3やKontan*4といった経済紙もあります。こうした情報を元にインドネシアの投資家が投資しています。特に、インドネシアは現在、株式市場の発展に注力しており、企業の上場を促すだけでなく国内個人投資家も株式市場に勧誘するべくキャンペーンをしています。

ジャカルタでの株式取引口座の作り方を紹介します

ネットでオンライン証券会社を探していると安心できそうな日系の証券会社を発見しました。どうも、日本で言えば楽天証券と同じようにパソコンに専用のソフトウェアをインストールして取引をするタイプの証券会社のようです。SMBC日興証券のグループ会社のPT. Nikko Sekuritas Indonesia*5です。正直言って、他のネット証券も多くありましたが、インドネシア語もあまりわからない2016年頃はあまり現地の証券会社の信用度も分からず、PT. Nikko Sekuritas IndonesiaのオンラインサービスのWebsite*6に英語の説明書などもあるので、早速コンタクトしてみました。

必要なのはやはり、ITASと税務番号

オンライン株式取引口座を作るには色々と書類を沢山書きましたが、やはり銀行口座と同じで、ITASと税務番号が必要です。書類は色々と送られてきた書類に必要事項を記載して、サインをして返送すると、パソコンにインストールするソフトウェアのIDとパスワードが送られてきます。口座を作るのは、銀行口座と違い時間がかかりますので、のんびりと待ちましょう。あと、銀行口座と違って、毎年のIATSの更新時には新しいIATSの提出を求められるのは銀行口座よりも厳しい点でしょう。

新規の銀行口座の作成も求められます

また、株式取引口座とのお金の出し入れの為に指定の銀行口座の作成を求められました。PT. Nikko Sekuritasの場合は、Bank Mandiriの銀行口座が指定されており、この口座を通じてお金の出し入れを行います。

ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します

*1 東京証券取引所上場企業数

https://www.jpx.co.jp/listing/co/index.html

*2 インドネシア証券取引所上場企業数

https://www.idx.co.id/en-us/market-data/stocks-data/list-of-stocks/

*3 Bisnis Indonesia

https://www.bisnis.com/

*4 Kontan

https://www.kontan.co.id/

*5 PT. Nikko Sekuritas Indonesia

http://nikkoindonesia.com/

*6 NIKKO ONLINE TRADING

http://www.nikko-online.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする