【ジャカルタブログ:和食レストラン】ジャカルタの和食レストラン6選

ジャカルタで浸透している和食レストラン6

ジャカルタでは古くから日本食レストランがあります。当初は日本人だけを相手にしていたのが、どんどん現地の人に受け入れられていったのでしょう。現地の方々に多く食べられています。スタイルとしては、昔からある老舗店、ローカル系でカジュアルな感じになったチェーン店、最近進出してきた日本のスタイルをそのまま持ってきた日系チェーン店と分類できます。日本との違いを楽しむのも良いかもしれません。

1970年代からある長い歴史のあるお店「Kikugawa

昔からある老舗の和食レストラン店「菊川」Kikugawaです。こちらに昔住んでいた日本人の方々はここによく集ったとの昔話を聞くことがある人もいるかもしれません。なんと今でも立派に営業しています。日本庭園風の入り口です。外観は日本ぽいのですが、入ってみるとそれほど和風ぽくないですが、メニューはしっかりと和食レストランらしく、色んなメニューがあります。一度昔の和食レストランの雰囲気を味わいにいってみると良いかもしれません。

大人気ローカル系和食チェーン店HokBen

 

皆さんご存じ、Hoka Hoka Bentoです。ちなみに有名な日本の弁当チェーンと関係とは関係ありません。ローカルの和食チェーンです。スタイルはファーストフードスタイルで料理を提供しています(ちなみに、Japanese Fast Foodを謳っています)。食べたことがある方もいるかもしれませんが、意外と美味しいです。しかも、Garuda航空の70周年記念弁当に採用されるなどインドネシア国民にもしっかりと浸透している和食チェーンです。なんかうれしいですね。ジャワ島を中心に100店舗以上展開しています。

日本人に大人気の「大戸屋」

もちろん日本から進出してきたチェーンもあります。代表的なお店は、大戸屋です。既に、ジャカルタとその近郊、スラバヤで6店舗お店があります。値段はやはり現地の食事と大きく違いますが、日本の定食スタイルで食事を楽しむことができ、安心して食事ができる場所です。また、大戸屋だけでなく、うちの食堂*3も進出してきています。日本人が多くあつまりショッピングセンターなどに2店舗あります。また、和食さとも、同じく2店舗展開しています(2019年3月現在)。

忘れてはいけない老舗和食チェーン「MIDORI

和食でもう一つ古くからあるお店が、MIDORIです。安定した味で、ジャカルタの日本人と日本食が好きなインドネシア人に愛され長い歴史を持ちます。ジャカルタとその近郊とバンドン、アニエールに11のお店がある、インドネシアで長い歴史を持つ和食チェーンです。

*1 HokBen

https://www.hokben.co.id

*2 大戸屋

https://www.ootoya.com/store/indonesia/

*3 うちの食堂

http://www.fujiofood.com/shop_search/cat92/

*4 和食さと

https://sato-res.com/store/world/indonesia/

*5 MIDORI

http://www.restoranmidori.com/

インドネシアで日本人ならお世話になるクリニックのオーナーの独自の視点で面白い読み物です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする