【ジャカルタブログ:焼肉といったら韓国焼肉でしょ】韓国焼肉ベスト10・その1

ジャカルタで食べる韓国焼肉ベスト10・その1

インドネシアには韓国人が多いです。インドネシアには、日本人の約3倍は住んでいると言われています。彼らは駐在員とその家族だけでなく、こちらに投資をして、会社を設立して、本格的に移住している方々も多く、そうした方々相手の韓国焼肉屋さんもあれば、現地の方々をターゲットにした焼肉屋さんもあり、食べ放題の日系焼肉が進出する前は、こちらで焼肉と言えば、韓国焼肉がメインだったと言ってもよいでしょう。Korean BBQとこちらの方々は言いますが。それくらい韓国焼肉屋さんが多いので、2回に分けて紹介します。あと、気を付けてほしいのが、韓国焼肉はお店の人がお肉を焼いてくれますので、自分で焼きたい人はその旨を伝えましょう。でないと自分のペースで焼けません。

韓国焼肉の高級店「Gahyo

こちらで高級な韓国焼肉といえばGahyo*1でしょう。お客さんは、韓国人、日本人、中国人、そして、たまにインドネシア人ではないでしょうか。ここのお勧めは、やはり、牛肉です。タン、ロース、カルビといったオーソドックスなものから、ホルモンまでありますが、ホルモンもそれほど癖がなく食べやすいです。ビールもとても冷えており、日本人お気にいり韓国焼肉でしょう。SCBDとMal of Indonesiaにお店があります。

ジャカルタに多く展開する韓国焼肉の人気店「Chung Gi Wa

ジャカルタだけでなく、インドネシアの多くの都市にお店を持つChung Gi Wa*2です。本店には、昔、オーナーとユドヨノ大統領が一緒に映った写真が飾ってありました。今では、本店の脇にお肉屋さんまで開いています。メダン、スラバヤ、バンドンなどにインドネシアに16店(2019年3月現在)を構えます。ここのお勧めは、やはり、豚肉でしょう。サムギョプサルをカリカリになるまで焼くのが良いです。

韓国の有名チェーンがジャカルタに「Born ga」「Magal

韓国での有名チェーンがジャカルタにも進出して、どんどんお店を増やしています。その代表格が、Born Ga*3です。ジャカルタとその近郊に7店舗を構え、正統派韓国焼肉を売りにしています。ここは牛肉、豚肉をバランスよくメニューがあり、また、その分、値段もそこそこしますが、味は正統派を売りにするだけなり間違いありません。次のチェーン店が、Magal*4です。ここのお勧めは、お肉もさることながら、他の韓国料理の選択肢もBorn Gaと比較して色々ある点でしょう。お肉も美味しいですが、お肉を焼く鉄板の脇にある溝でつくる卵焼きが面白いです。

カジュアルなお店「Mr. Park

Gahyoまで高級ではなく、皆でワイワイしながら食べるのがMr. Parkです。ビールや焼酎を飲みながらカジュアルな雰囲気で焼肉を楽しめます。ここも韓国人が多いです。

インドネシアの消費を知りたい人は、これ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする