【ジャカルタブログ:インドネシア料理】ジャカルタお勧めインドネシア料理ベスト11選②

ジャカルタで食べるインドネシア料理ベスト11

インドネシア料理の定義って一体なんだ?という疑問もわくのですが、インドネシアの国の成り立ち自体がとても複雑で多民族国家という点を考えるとそのルーツが色々ある点は仕方ないことです。例えば、インドネシア料理で食べられる麺やお米などのルーツはもちろん中国で、また、野菜などは植民地時代にいろんな所から入ってきたり、インド(ヒンズー)の文化を受けたり色々と地方によって違ったりと十羽ひとからげには言えないものです。ですので、マレーシア・シンガポールにも似たような料理があったりします。と定義が微妙なのですが、少なくとも、個人的にインドネシア料理店として見えるようなお勧めレストラン10か所を選びました。「Tugu Kunstkring Paleis」、「Oasis」、「Plataran」、「Bunga Rampai」、「Kembang Goela」、「Meradelima」、「Eastern Opulence」、「Kila Kila」、「Kaum」、「Seribu Rasa」、「Remboelan」、「Te Sate」です。数が多いので、2回に分けて紹介します。

新しくできたゴージャスなインドネシア料理レストラン「Eastern Opulence

「Eastern Opulence」*1は、2018年にできた新しいインドネシア料理店です。場所は、Wijayaにありこちらもコロニアル調の建物に多くの個室を有するインドネシア料理レストランです。豪華な雰囲気に浸りながらインドネシア料理を楽しんでください。

カジュアルな雰囲気のインドネシア料理レストラン「Kila Kila

「Kila Kila」*2も比較的新しく(2016年)にできたインドネシア料理レストランです。場所はSCBDにあります。場所が少し分かりにくく、駐車場も止めにくいのですが、多くのお客さんで賑わっています。ここはビルの7階に入っており、コロニアル調の建物でもないのですが、フロアーが広くカジュアルな雰囲気のインドネシア料理レストランです。

ホテルインドネシア近くのカジュアルな雰囲気のインドネシア料理レストラン「Kaum

「Kaum」*3は、Mentengにお店を構えるレストランです。比較的カジュアルな雰囲気のお店で、若い方を中心にしたインドネシア料理レストランです。場所はホテルインドネシアKempinskiのすぐ近くにあり、2017年にオープンし、多くの若いお客さんで賑わいます。個室等はなく、広いフロアーに大きなテーブルが広がっています。Potato Head(バリやジャカルタにあるレストラン)が運営しています。

大人気のインドネシア料理レストラン「Seribu Rasa

「Seribu Rasa」*4は、Mentengが本店の高級インドネシア料理レストランチェーンです。「Penang Bistro」*5と同じ会社(Arena Group:Masion tasuya、麺屋武骨、Miyagi、Hong Kong Caféなども運営)が運営しており、昔はメニューにもOperated by 「Penang Bistro」と書いてありましたが、いつの間にかなくなっていました。本店がオープンしたのは、2009年です。それからあっという間に店舗を増やし、既にジャカルタに9店舗を構えます。やはり、Mentengの本店が一番良い気がしますが、最近は質が少し。。。という気になる点があるものの、一番日本人にあう味付けでとても食べやすいインドネシア料理レストランです。

味付けは一番現地に近い(つまりあまり日本人にはあわない)「Remboelan

「Remboelan」*5は、今回紹介する中では、一番現地(インドネシア人)の口に合う味付けのインドネシア料理レストランチェーンです。つまり、辛さを加減していません。そういう意味ではジャカルタに来て味付けになれた方向けのインドネシア料理レストランです。その為か、インドネシア人の方々がお客さんとしてメインであり、また、値段もお手頃です。インドネシア人の味を楽しみたいという珍しい希望を持つお客さんを連れていってはいかがでしょうか?2012年に初めてオープンして、既にジャカルタに9店舗あります。

カジュアル雰囲気のインドネシア料理レストランの元祖「Te Sate

「Te Sate」*5は、カジュアルな雰囲気のインドネシア料理レストランです。2012年にMentengにオープンして以来、人気を集め、今ではPlaza SenayanやPacific Placeにまでお店を広げています。カジュアルな雰囲気のインドネシア料理レストランの走りみたいな存在です。今はカジュアルな雰囲気で清潔感のあるインドネシア料理レストランが増えていますが、当時はこうしたカジュアル且つ清潔感のある感じのインドネシア料理レストランがあまりありませんでした。ただ、ここの惜しい点は蒸した魚料理が無い点です。

上記色々とあげてきましたが、インドネシア料理ですので、料理は特に大きな違いはなく、雰囲気でお店選びをしてください。また、味付けはそれほど大きな違いはありません(Remboelan以外)。また、2009年~2013年あたりに開店したレストランは既にチェーン展開しており、今後もこうしたお店が増えてくるのかもしれません。

*1 Eastern Opulence

http://www.eastern-opulence.com/

*2 Kila Kila

http://kilakilajakarta.com/

*3 Kaum

https://www.kaum.com/jakarta/

*4 Seribu Rasa

http://arenacorp.com/seribu-rasa/

*5 Remboelan

http://www.remboelan.com/page/index.php

*6 Te Sate

https://sarirasa.co.id/tesate/

インドネシアの鉄道旅を楽しむなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする