【ジャカルタブログ:インドネシア料理のファミレスKafe Betawi】Kafe Betawiに行ってみました

インドネシアのファミレスKafe Betawiに行ってSoto Mieを食べてきました

 

ショッピングセンターに行ってみるとフードコートやレストランに目をやると日系のレストランやラーメン屋さん、焼肉、しゃぶしゃぶ食べ放題だけでなく、現地人に不動の人気を得ているのは、やはり、昔からある食べなれた料理であるインドネシア料理です。そうしたインドネシア料理を色々と出すインドネシア料理のファミリーレストランのような存在がジャカルタには多くあります。みなさんも現地の方と一緒に食べに行ったことがあるかもしれませんが、そうしたお店を少しずつ食べに行ってみました。まずはKafe Betawi*1に行ってきました。

Kafe Betawiは、ジャカルタとジャカルタ近郊に20店舗以上あるお店

Kafe Betawiは多くのショッピングセンターに入っていて、日本人が多く訪れるショッピングモールにも沢山入っており、馴染みがあるお店でしょう。どうも、スラバヤやマナドなどにも店舗があるようで、ジャカルタだけでなく、インドネシアの大都市には店舗があるようですメニューは、スープ、焼き鳥(サテ)、魚、お肉、麺、ご飯を使った良く知られたインドネシア料理が綺麗な写真で紹介されて、注文もやりやすく、まさしくファミリーレストランと言えるでしょう。また、飲み物もコーヒー、フルーツジュースや、インドネシアらしい氷を使ったデザートもあります。ちなみに、Betawiとは、昔のジャカルタがあるあたりの呼び名だそうです。日本語で言うとBetawi地方の料理があるカフェといった感じでしょうか。

早速、Soto Mieを頼んでみます。

迷いますが、一番インドネシア料理という感じがするSoto Mie(所謂麺入りスープ)を頼んでみます。また、粉入りコーヒーを頼んでみました。インドネシア人は、このSotoと白米を一緒に食べるのが一般的です。通常のSotoは牛肉(Sapi)あるいは、Soto Ayam(鶏のスープ)をつかったりして、野菜や香辛料を具材として味付けをします。地方によって味付けや食べ方が違い、よく、地方の名前を付けてSoto「~」の名前になってインドネシアの地方独特の懐かしい味になるようです。今回は、Daging Sapi(牛肉)を使ったSoto Mieでした。

コーヒーは粉入り

今回頼んだコーヒーは、粉があるコーヒーで、インドネシアのコーヒーはこのコーヒーの粉入りコーヒーが一般的です。スプーンですくうと粉があるのが分かります。最初は違和感がありますが、慣れれば普通に飲めました。

*1 Kafe Betawi

https://www.zomato.com/jakarta/kafe-betawi-setiabudi/info













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする