【ジャカルタブログ:お好み焼き千房Chibo】日本から来たお好み焼き千房Chiboに行ってみました

Ganraria City Mallにあるお好み焼き千房Chiboに行ってきました

 

ジャカルタにはいくつかのお好み焼きを出すお店があります。その中でも、日本からのチェーン店は恐らくこの千房Chibo*1が最大のレストランであり、知名度も抜群です。大阪に遊びに行ったことがある人は、きっとその名前を知らない人はいないでしょう。また、その味に舌鼓を打ったことのある人も数えきれないはずです。その千房がジャカルタにお店を出したと聞いて、行きたかったのですが、やっと行く機会が訪れました。場所は、日本人が多く住むGandaria Apartmentに隣接しているGandaria City Mallです。流石に、日本人が沢山いるモールを狙っているのでしょう。お好み焼きと言えば、やはり、豚玉!!!しかし、残念ながら、お好み焼き千房のジャカルタ一号店には、豚がありません。今後の展開を考えると、当たり前と言えば、そうなのですが、日本人にはとても残念ですが、豚は違うお店でも食べられることから諦めます。ちなみに千房は海外にはお店は8店舗。米国ホノルル、タイ、ベトナム(ホーチミン、ハノイ)、台湾、香港、中国、ジャカルタとジャカルタがここに仲間入りしたのはうれしい限りです!

お客さんは日本人だけではなかった

ジャカルタの千房には、どんなお客さんが来ているのかなと楽しみにしていましたが、日本人だけはありませんでした。中華系もいれば、頭にショールをかぶっているイスラム系の方も見えます。そう、豚が無いことでやはり客層には幅が出ているようです。日本人も多いですけどね。

早速、チーズお好み焼きとお寿司を頼んでみます

お好み焼きの焼き上がりには20分ほど時間がかかりますと言われ、ビールを頼むとともに、待ち時間の為か、なんと寿司までジャカルタの千房にはあります。お寿司も頼んでみました。まずは、ビールを飲み、お寿司を楽しむも、やはり20分は長い。もう一本ビールを頼みました。そこでお好み焼きが来ました。しっかりテーブルごとにお好み焼きが冷えないよう温めた鉄板があり、美味しく食べられるようになっています。また、テーブルごとに日本と同様にマヨネーズ、かつお節、お好みソース、青のりが備え付けられており、自分の好みで味付けも変えられます。焼き加減はしっかりと焼き挙げられており、オーダーしたチーズお好み焼きには焼きそばも入っていたのですが、麺もしっかりと焼きが入っています。個人的にはもう少し焼きが甘くても良かったのですが、しっかり焼きが入っていても十分満足いくものでした。味がジャカルタの人にも受け入れられお店が広がっていくのを祈ります。

*1 Chibo Jakarta

http://www.chibo.com/shop/list/detail.php?id=99













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする