【ジャカルタブログ:日本式焼肉のYakiniku Like】Yakiniku Likeに行ってみました

テレビで紹介されたジャカルタの一人焼肉店Yakiniku Likeに行って焼肉食べてきました

 

ショッピングセンターに行ってみるとフードコートやレストランに目をやると日系のレストランラーメン屋さんうどん・そば日本式焼肉韓国式焼肉しゃぶしゃぶ食べ放題が溢れている中、更に新しい業態がジャカルタの外食市場に日本から殴り込みをかけてきました。テレビ東京の未来世紀ジパングで紹介されていたお店*1です。その名は、焼肉ライク(Yakiniku Like)*2です。日本で展開しつつジャカルタでも同時展開するという点もすごいですね。また、あと焼肉の牛角の創業者が再び一人焼肉を武器に日本国内だけでなく、世界に股を掛ける企業を再び作ろうという点に驚きました。そのジャカルタの第一号店であるGrand Indonesia*3にあるお店に行ってきました。

全ての席に個人用ロースターと工夫されたテーブル

出かけたのは日曜日の午後3時過ぎ。お昼時は過ぎてもレストランが多く入ったGrand Indonesiaは人込みでどのレストランも一杯です。さて、もしかして並ぶかもと覚悟していたのですが、以外と普通に入れましたが、お客さんの入りは7割程度でしょうか。一人焼肉だけあって、一人でお店に入るとカウンター形式の一人焼肉のテーブルへ案内されました。テーブルを見るとコンパクトに収納されたロースターがテーブルに備え付けられ、箸やレンゲ、ナプキンは引き出しに収納されています。目の前には3種の焼肉のたれとニンニク、唐辛子、サンバルの3種調味料が備え付けられ、素晴らしいレイアウトです。

メニューはシンプルで注文しやすい

メニューもシンプルで頼みやすく、まずはお肉の種類とその量を選び、セットメニューでのご飯の量も多さを注文でき、サラダとキムチはどちらかから選びます。カレーライス、フライドポテト、唐揚げ、枝豆などの副菜も注文できます。一人焼肉を意識したメニューなのかもしれません。回りをみると一人焼肉店なので、自分も含めて一人で入店している人は2名のみで、あとは、カップルか家族連れでした。それでも、家族連れで入るとお肉の取り合いすることなく個人のロースターで楽しめますよね。そう一人焼肉で欠かせないのはビール。ビールも注文できます

カルビ100グラムとご飯少な目、ビールを頼みます

ビールを頼んだので、ご飯は少な目にして、カルビ100グラムを頼みます。思ったよりも、肉が多かったですが、ご飯とビールと焼肉とキムチで一人で気軽に食べられる量でした。一人で軽く楽しめる焼肉という新ジャンルがジャカルタでも流行るかもしれません。日本では、8店舗(2019年4月)ということ、今の日本の世相を見るとこうしたお店が流行るのも分かる気がします。日本では一蘭*といったラーメン店も人気ですしね。

*1「牛角」創業者が狙う”一人焼肉”の世界展開:未来世紀ジパング

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2019/019434.html

*2 Yakiniku Like

https://www.zomato.com/jakarta/yakiniku-like-thamrin

*3 Grand Indonesia

https://www.grand-indonesia.com/

*4 一蘭

https://ichiran.com/













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする