【ジャカルタブログ:カジュアル中華Imperial Kitchen & Dimsum】カジュアルな中華料理・小籠包Imperial Kitchen & Dimsumに行ってみました

インドネシアのジャカルタのカジュアル中華・小籠包レストランImperial Kitchen & Dimsum行ってきました

 

ショッピングセンターに行ってみるとフードコートやレストランに目をやると日系のレストランラーメン屋さん、寿司・刺身うどん・そば和食とんかつ韓国焼肉焼肉しゃぶしゃぶたこ焼き・お好み焼きインドネシア料理と色々と目移りしてしまいます。しかし、やっぱりどこでも中華料理は人気があります。ホテル高級中華料理カジュアル中華料理昔からの中華料理店だけでなく、ショッピングモールを中心に展開する庶民的なファミリーレストランタイプの中華料理店がインドネシアにはあります。その代表例が、Imperial Kitchen & Dimsum*1です。既に、Imperial Group*2として違うブランドのお店も含めて100店舗以上をインドネシアに展開しており、Imperial Kitchen & Dimsumだけでも、ジャカルタとその近郊に56店舗も展開しています。1993年に創業されており、インドネシアの都市化とジャカルタのショッピングモールの発展と同時に多店舗展開しているお店です。店舗があるショッピングモールのレベルは高いところから低いところまで幅広く出店しています。

 

多くのメニューで家族で楽しめるレストラン

 

かなりカジュアルな値段と雰囲気で、中華料理と言っても、もちろんハラルに対応している為、豚はありません。その為、ジャカルタの人達も安心して食べることができる中華料理です。値段も手ごろな値段で、ショッピングモールでの買い物、ウィンドウショッピングを楽しみながら、家族、あるいは、友人などと食事をするにはピッタリの場所でしょう。メニューとしては、家族で楽しめる小籠包、アパタイザー、スープ、魚、肉料理、麺やご飯ものの個人向けの食事まで幅広くそろえており、その点は、今まで紹介したショッピングモールにあるファーストフード店ではなく、ファミリーレストランと言えるでしょう。

Mie Dengan Ayam Cha Siew BBQ(バーベキュー味鶏肉チャーシュー麺)

本当なら家族で来て沢山色んな種類のメニューを楽しみたい所ですが、ここは、一人での訪問なので、Mie Dengan Ayam Cha Siew BBQ(バーベキュー味鶏肉チャーシュー麺)を頼みます。所謂、インドネシア料理のMie Ayam(鶏肉がのった汁無し麺)に近い感じの料理なので、インドネシアの人が気軽に食べるメニューです。麺は太い卵麺で、歯ごたえがしっかりで、しっかりと麺に味がついているのが良いです。また、味に飽きるとスープにつけて食べることもできます。ただ、案の定、インドネシアの方には味が薄いのか、サンバルソースととても辛い辣油がテーブルに常備されています。インドネシアではお馴染みですね。あと、残念ながら、アルコールもありません。最近のショッピングモールに入っているレストランチェーンはアルコールがどんどん締め出されてきています。少し残念ですが、インドネシアの世の中の動きなのでしょう。

ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します

*1 Imperial Kitchen & Dimsum

https://www.zomato.com/jakarta/restaurants/imperial-kitchen-dimsum

*2 Imperial Group

https://www.impgroup.co.id/













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする