【ジャカルタブログ:ジャカルタで鰻!うな兆Unacho】ジャカルタでうな重とひつまぶしが楽しめるうな兆Unachoに行ってみました

インドネシアのジャカルタの鰻屋さんうな兆Unachoでうな重を楽しんできました

 

ショッピングセンターに行ってみるとフードコートやレストランに目をやると日系のレストランやラーメン屋さん、寿司・刺身うどん・そば和食とんかつ韓国焼肉焼肉しゃぶしゃぶたこ焼き・お好み焼きインドネシア料理と色々と目移りしてしまいます。しかし、やはり日本の食文化は忘れないですよね。土用の丑の日には、鰻を食べるという習慣があります。特に、夏の土用の丑の日には、日本中が鰻を食べると言っても良いでしょう。今年の夏の土用の丑の日は、7月27日でした。ですので、早速、ジャカルタで鰻を楽しむことができるうな兆Unacho*1に行ってきました。ジャカルタにオープンしたのは2014年のようです。なので、もう5年近くになりますね。場所は、Plaza Senayanという良い場所にあり、インドネシアにはこの1店のみです。日本のお店もあるのかなと探してみましたが、ないようです。

 

ジャカルタの日本人なら誰もがしる鰻レストラン

 

2014年の開業時には多くの日本人が詰めかけたお店です。やはり、今でも残っているところを見ると日本人だけでなく、日本で鰻の旨さに触れたインドネシア人もうな兆に通っているのではないでしょうか。もちろん土用の丑の日の事を忘れる日本人はあまり居ないようで、訪問した日も多くの日本人で賑わっていました。夏の土用の丑の日には、体力が落ちやすい夏には栄養たっぷりな鰻を食べようという習慣ということで鰻を食べるようです。それなら、常夏のジャカルタはいつも食べなくてはいけませんね。

うな重とひつまぶしと迷った挙句にうな重にしました

そうです、うな兆は、「うな重」「ひつまぶし」が鰻のメニューにありどれにしようか迷うところです。家族で来るなら、両方頼んでシェアするのも良いでしょう。迷ったあげく、うな重にします。鰻を使った様々な料理だけでなく、海鮮などのメニューもあり、メニューだけを見ると日本のお店にいるようです。鰻専門店でないところが、ジャカルタで生き残る秘訣なのかもしれませんね。また、アルコールもショッピングモールにあるけど、置いてあるのもうれしいところです。ちなみにひつまぶしの写真も載せておきます。

ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します

*1 Unacho

https://www.zomato.com/jakarta/unacho-senayan













シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする