【ジャカルタブログ:Ippudo一風堂】ジャカルタのIppudo一風堂に久しぶりに行ってみました

ジャカルタにあるラーメンIppudo一風堂に久しぶりに行ってラーメンと餃子を食べてきました

 

ショッピングセンターに行ってみるとフードコートやレストランに目をやると日系のレストランラーメン屋さん寿司・刺身うどん・そば和食たこ焼き・お好み焼きとんかつインドネシア料理韓国焼肉焼肉しゃぶしゃぶ食べ放題があります。そんな中で、日本のラーメン店で積極的に海外展開しているお店がIppudo一風堂*1の運営は、東京証券取引所に上場する力の源ホールディングス(HD)(証券コード:3561)*2という会社が行っています。既に、国内店舗の93店舗(2019年5月)に対し、海外店舗は100店舗以上と今や日本国内の店舗を上回る海外店舗を持っており、日本のラーメン文化を世界に広げています。

ジャカルタに進出したのは2014年、着々とお店を増やしています

Ippudo一風堂がジャカルタにやってきたのは2014年です。既に5年近く経とうとしていますが、お店は5店舗です。以前書いたジャカルタのラーメンベスト10の中でも紹介しています。第1号店だったPacific Place、2号店のCentral Park、3号店のGrand Indonesia、4号店のLippo Mall Puriです。今回は、2019年9月に開店した第5号店のLippo Mall Kemang Village店に行ってみました。約5年前にワクワクしてPacific Place店でラーメンと餃子とビールを飲んだ記憶がかすかに残っていますが、流石に5年前のことなので、あまり詳しく覚えていません。

メニューは以前よりも増えた気がします

ジャカルタでは流石にラーメンだけで勝負するわけにもいかないのか、やはり、色んなメニューを発見しました。やっぱり海外で生き残るにはこれは欠かせないのでしょう。サラダ、バンズ、寿司、サイコロステーキ、鉄板を使ったコーンやカリフラワー、唐揚げ、ペッパーランチ風の鉄板ライスまであります。そして、ラーメン。もちろん豚(ポーク)あります。ここが嬉しいところです。変な拘りを持たずしっかりと生き残って美味しいラーメンを提供し続けてくれることを祈るばかりです。ラーメンは、白丸、赤丸ラーメンだけでなく、醤油ラーメン、担々麺もそろえており、高級和風ラーメンレストラン風の店構えです。案の定日本人と中華系のお客さんで賑わっていました。

ラーメンと餃子とビールは外せないです

ラーメンは、赤丸、白丸はポークのみ。日本人ならやっぱりこれですよね。あとは、餃子とビールです。ラーメンには、ニンニクも入れることができますし、あと、麺の硬さも選ぶことが出来ます。ありがたいですよね。やはり、味は安定の味。ジャカルタに一風堂があってよかった。でも、お値段も相応にするのは、仕方ないところ。そう頻繁にこられないのが悲しいところです。

ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け

*1 Ippudo一風堂

https://www.ippudo.com/

*2力の源ホールディングス(HD)

https://www.chikaranomoto.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする