【ジャカルタブログ:小籠包・中華料理のParadise Dynasty】小籠包・中華料理Paradise Dynastyで小籠包(だけ)食べてきました

インドネシアのジャカルタの小籠包・中華料理のParadise Dynastyで小籠包を楽しんできました

 

ショッピングセンターに行ってみるとフードコートやレストランに目をやると日系のレストランラーメン屋さん、寿司・刺身うどん・そば和食とんかつ韓国焼肉焼肉、しゃぶしゃぶ、たこ焼き・お好み焼きインドネシア料理と色々と目移りしてしまいます。やはり、インドネシアで人気があるのは、中華料理です。それも、小籠包を扱うお店が多いです。最近紹介したDin Tai Fung鼎泰豐(ディンタイフォン)などは本店の台湾だけでなく、多くの国に展開するインターナショナルなレストランとなっています。このParadise Dynasty*1もジャカルタに住む日本人にはお馴染みのショッピングモールに多くある小籠包・中華料理レストランです。インドネシアの玄関口であるスカルノハッタインターナショナル空港の国際線の第3ターミナルにお店を構えているので多く方が一度は目にしたことがあるはずです。以前カジュアル中華レストランとして紹介したことがあります。ジャカルタには、他には、Pacific Place、Plaza Senayan、Central Park、Bay Walk Pluitといった比較的高級なショッピングモールにお店を構えています。さらに、日本にもお店を持っています。 発祥は2002年にシンガポールで開店したシーフードレストランです。そこからParadiseグループとして発展し、シンガポールだけでなく、アジアの各国に様々なレストラン(中華料理だけでなく)を展開しています。ジャカルタではフランチャイズを受けたBogaグループ(以前紹介したペッパーランチキムカツKintanしゃぶ里なども)が運営しています。

 

やはりここの売りは豚がある小籠包

 

Paradise Dynastyの良い点はやはり豚がある小籠包ではないでしょうか。以前紹介したジャカルタのDin Tai Fung鼎泰豐(ディンタイフォン)は多くのお店を展開する為どうしても小籠包が鶏肉ベースという残念な点があります。ここは、やはり豚を好んでお越しになる方が多い気がします。そのせいかやはりお客は中華系、日本人、韓国人といった人が多いようです。

 

早速小籠包を食べてみます

やはり、売りの小籠包を食べます。今回はあえて、変わった味のする7色の小籠包ではなく、普通の味の豚そのものの味を楽しめる小籠包を頼みます。Din Tai Fung鼎泰豐(ディンタイフォン)と比較すると若干皮が薄く、肉汁も多くでてくるような気がします。次は、上海風焼小籠包です。これは、最近中華街や北池袋で流行っているような焼小籠包をイメージしていましたが、実際は、日本のコンビニエンスストアの冬の定番の肉まんのような味がしました。最後に、やはりうれしいことにここには、アルコールがあるのもうれしい点です。

ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します
ジャカルタでの生活立上げにはコツがあり、紹介します。ジャカルタに家族で住もうとする人向け、ジャカルタ生活の楽しみ方も紹介します

*1 Paradise Dynasty

http://paradisedynasty.boga.id/

*2パラダイス ダイナシティ

https://www.paradisedynasty.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする