【ジャカルタブログ:日本・韓国スーパーに飽きた日本人が行きたくなる】ローカルスーパーまとめ

ジャカルタの日本・韓国スーパーに飽きたころに行きたくなるローカルスーパー

ジャカルタに住んで、一通り、日本・韓国スーパーは行った。懐かしい日本食材買った。韓国食材にも少し詳しくなった。なんか物足りないなあ、ローカルの食材も試してみようかなと思う人が行くのが、ローカルスーパーです。ジャカルタの人口は、1000万人。色んな人がいます。お金持ちもそうで無い人も沢山います。ですので、日本人にとっては、比較的お金持ちの方々向けのスーパーマーケットがとても入りやすいスーパーとなります。その例が、Ranch Market*1、Hero*2、Giant*3、Farmers Market*4、Food Hallあたりです。

ものが溢れるジャカルタのスーパーマーケット

流石インドネシアの首都ジャカルタです。スーパーには国産、輸入品が溢れています。特に、日本人が多く住むアパートや地域にある、これらのスーパーは外国人の顧客を意識して、輸入品が比較的多くあります。ただ、イスラムを意識した豚肉などは別コーナーに置くなどの配慮があり、ここは、インドネシアだと意識することができるでしょう。

インドネシア・ジャカルタの現地品の値段は安い!

そして、馴染みの日本・韓国スーパーと比較してビックリするのは、現地品の値段の安さにあります。インスタントラーメンに至っては、一個2000ルピアと約15円という値段。日本の1/3~1/4の値段で買えてしまいます。日本食スーパーでは日本からのカップ麺を日本の3~4倍の値段で買う反対の経験をするでしょう。ただ、味はインドネシア人好みになっているのですが、慣れればきっと大丈夫になるでしょう。

ジャカルタで現地品を買うならローカルスーパーがお勧め

 

次に気づくのが現地品の値段の差です。もちろん、日本・韓国スーパーも現地品を扱っているのですが、やはり、若干ローカルスーパーよりも高めの値付けになっていることがあるようです。これに気づくと、ローカルスーパーにどんどん出かけていき、店舗間の価格動向に敏感になり、色んなローカルスーパーを出歩き、買い物するようになります。





*1 Ranch Market

http://www.ranchmarket.co.id/en

*2 Hero

https://www.hero.co.id/

*3 Gianto

http://giant.co.id/test/

*4 Farmers Market

http://www.farmersmarket.co.id/id

買い物したいときには、やっぱりインドネシア語が必要ですよね。その時は、やっぱり、これ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする