【ジャカルタブログ:激増ミニーマーケット】便利ミニマーケットの使い方

激増ジャカルタのミニマーケット

ジャカルタに住んでから数年、やたら赤、青、黄基調の看板のお店がやたら街角で目につくようになりました。店内は日本のコンビニエンスストアのようですが、もっとスーパーマーケットにおいてある製品が多くあります。値段は少しスーパーマーケットよりも高い感じです。24時間営業のお店もあれば、夜22時頃に閉店するお店もあります。

コンビニエンスストアのように見えるけどミニスーパーマーケット

ミニマーケットの特徴例としては、日本で言われるようなコンビニエンスストアとは少し違う点です。お店の広さは日本のコンビニエンスストアとほぼ同じなのですが、日本のコンビニエンスストアで多くを占める弁当や総菜などの棚が殆どなく、インスタント麺や食材、洗剤、日用品などが沢山商品として陳列されている点です。ミニスーパーマーケットと言った方がよいかもしれません。代表例は、alfamart*1とIndomaret*2です。商品構成はほぼ同じですが、若干、alfamartの方がスーパー食が強い気がします。

便利な存在ジャカルタのミニマーケット

ジャカルタにもE-Commerceの波が少しずつ訪れてます。GOJEKのキャッシュレス(GOMONEY)やE-MONEYのハブになっているのが、実は、このミニマーケットです。例えば、前払い電話のチャージであるPulsa*1、GOMONEYなどのキャッシュレスサービスへの追加、E-Commerceの支払いなどを扱ってくれます。しかしながら、ここからがジャカルタの実際なのですが、ことごとく、お店によって故障中、システムがダウンなどが起き、日本人の感覚ではイライラさせられることが多いです。しかし、こういったことは、怒っても仕方なく、こうした事が起こるのがインドネシアのジャカルタだと達観するしかないのでしょう。





*1 Alfamart

http://alfamartku.com/

*2 Indomaret

http://indomaret.co.id/

インドネシアの基本知識はまずこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする