【ジャカルタブログ:ジャカルタの交通事情】知っておきたいジャカルタ交通事情

ジャカルタの交通事情を簡単にまとめてみました

インドネシア(ジャカルタ)の交通関係の記事は、「インドネシア版新幹線に中国との競争に負けたけれども、実際の工事は全く進んでいない」、「インドネシアでの初めての地下鉄がもうすぐ開業」など、目にすることができます。こうした交通関係の事業は、ジャカルタの酷い交通事業を何とかしようとする政府の意向によるものです。ジャカルタに住む日本人とっての身近な交通手段は、自家用車、タクシー(バイク含む)、GOJEK/GRAB、Transjakartaと呼ばれるバス、これから開業予定のMRT/LRTあたりになります。

実際には、他に多くの公共交通機関*1もありますが、日本人が使用するのは稀です。

例えば、

・Bajai

メーターのない3輪タクシー(天然ガスで動きます)で、行き先を告げ交渉で値段が決まります。ですので、交渉時にインドネシア語が必須なのと、日本人が住むアパートの敷地の中まで入っていけないなどの理由であまり使用する人はいないようです。乗車すると風が当たって気持ち良いですが、渋滞時はエアコンが無い為、大変暑い思いをします。

・KWK/Angkot/Mikrolet/Bemo

バスや車のサイズによって名前を異なりますが、システムは同じです。決まったルート*2を巡回する乗り合いバスのような存在で、路線の間では特に決まったバス停などなく、乗り降りしたいところで運転手に合図して止まってもらうというものです。

・電車

電車網は、郊外からジャカルタに向かう交通手段として存在していますが、あまり、郊外からジャカルタに向かって通勤している日本人はおらず、日本人には観光でしか使用しない存在です。しかし、近年の駅の近代化(ミニマートなどの併設)や、駅でのE-moneyなどによる自動料金精算などの導入が少しづつ進んでおり、今後の発展が楽しみな存在です。

ジャカルタの公共交通機関は思ったより発達しています

ジャカルタの公共交通機関は思ったより発達しています。しかし、日本人には、ハードルが高いです。日本と同じ基準で考えるとジャカルタの電車は時間も正確じゃないし、地下鉄もない、駅のターミナルも発達していない、言葉もなかなか分からないなど、色々と不便な所が多いけれども、ジャカルタの人はしっかりと昔から利用しています。





*1 JABODETABEK(ジャカルタ首都圏)の多様な都市交通手段

https://www.jica.go.jp/project/indonesia/004/transport/

*2 TransportUmum – Jakarta

http://www.transportumum.com/jakarta/

海外生活の必需品の変圧器

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする